生体認証とは?
スマホを活用した仕組みとメリットをご紹介

本人確認や施錠方法の1つとして、生体認証という言葉をよく耳にしませんか。
生体認証は、パスワードに代わる本人確認方法として注目が集まっています。ここでは、生体認証について解説していきます。

スマホによる「生体認証」とは?

スマホによる「生体認証」とは?

生体認証とは、指紋や顔などの個人だけが持つ情報を利用した認証システムのことです。
事前に個人が特定できる身体的の特徴を登録し、認証時に照合して本人確認を行います。

スマホによる「生体認証」のメリット

コスト削減<

コスト削減

パスワードと違い、生体認証は忘れることがありません。パスワードに関する問合せや再発行にかかるシステムコスト、オペレーションコストが不要になります。
また、ホテルのチェックインやコンビニの顔パス決済、コンサートの入退場管理といった場面で生体認証を使えば、人の目で確認していた業務を大幅に効率化し、人件費を抑え、人手不足の解消も見込めます。

セキュリティ向上

セキュリティ向上

身体や行動の特徴を用いるため、複製や盗難はほぼ不可能です。目視では難しい、正確な本人確認ができるのは、生体認証のメリットといえるでしょう。
また、ポラリファイ独自のライブネスチェック機能を使えば、写真や動画も見抜くことが可能なので、本人の写真や動画を使ったなりすましも防止できます。

ユーザーの満足度向上

ユーザーの満足度向上

生体認証は、紛失・失念の心配がなく、認証速度もスピーディーなのがメリットです。
特に認証に時間がかからないと、利用者としても満足感が向上。利便性とセキュリティが両立しているのも生体認証の特徴といえるでしょう。

生体認証が活用されるシーン

スマホアプリ・ブラウザログイン

スマホアプリ・ブラウザログイン

最近のスマホには、顔認証や指紋認証が装備されています。スマホのロックを解除するだけではなく、アプリやブラウザログインのパスワードとしても利用可能です。

コールセンター本人確認

コールセンター本人確認

コールセンターでの本人確認は、名前・住所・生年月日などでの照合が多いです。質問事項が多くお客様に不便をかけるだけでなく、なりすましも完全には防げません。生体認証を利用すればお客様を待たせず、なりすましの防止ができ、スマホを活用すれば声認証だけではなく顔認証を使って本人確認することが可能です。また電話がつながる前に認証を実施することで、お客様情報をコールセンターに共有しスムーズな手続きにつなげることができます。

店舗での本人確認

店舗での本人確認

スーパーなど実店舗に生体認証を導入することができます。事前にアプリから顔画像や指紋など、生体情報を登録することで、会計時に顔や指紋などで本人確認を行えば、決済が可能です。
無人で会計をすることができるので、人件費削減につながります。また、現金などを取り出す必要がなくスムーズに決済できるので、混雑を緩和させることも期待できます。

Polarify 生体認証サービスの特長

どんなスマホでも生体認証

顔・掌紋は汎用カメラ、声紋は集音マイクを使って認証するので、ほとんどのスマホで複数の生体認証を提供。(指紋認証はセンサーがついている端末のみ)

スマホ以外の本人確認シーンにも対応

スマホアプリのログインに限らず、パソコンでのログイン、コールセンターでの本人確認、実店舗での本人確認などの認証シーンにも利用可能

アップデートされるセキュリティ

ポラリファイが採用しているDaon社の生体認証は、常に検証・評価の上アップデートされており事業者様が日々進化する世界中の生体認証技術を調査することなく、常に最新の生体認証技術を利用可能。

生体認証サービスに関するお問い合わせ

Polarifyの提供するeKYCサービス、生体認証サービスの詳細などについてのご質問・ご相談等はこちらより承っております。
お気軽にお問い合わせください。

パートナープログラムに関する
お問い合わせはこちら