ポラリファイお役立ちコラム

ID·パスワード方式の3つの課題 - UX·コスト·セキュリティ –

さまざまなWebサービスのログインに利用されているID·パスワードによる認証には大きな課題があります。

ID·パスワード方式の3つの課題

多数がパスワードを使いまわし。紙メモによる漏洩リスクも

Webサービスの普及に伴い、一般的な利用者が覚えなければならないID·パスワードの数も増えています。Polarify調べでは8割以上の利用者が「ID·パスワードを忘れていた/一致しなかった経験がある」と回答しており、もはや人の記憶に頼ったID·パスワードによる認証は困難なものとなっていることが分かります。

ここでは当たり前のように導入されているID·パスワード方式が持つ3つの課題についてご説明します。

  • UX(ユーザエクスペリエンス)の低下
  • 事業者にとってのオペレーションコストの負担
  • セキュリティリスクの増加

ID·パスワードが事業者と利用者にとって最適なものなのか、一度検討しましょう。

導入をご検討中の皆様へ

Polarifyの提供するeKYCサービス、生体認証サービスの詳細などについてのご質問・ご相談等はこちらより承っております。
お気軽にお問い合わせください。