ポラリファイお役立ちコラム

セキュリティをさらに高める2段階認証×生体認証 - なりすましを防ぐ技術 –

生体認証を活用することで、いかにセキュリティを強化することができるのか。

2段階認証×生体認証

ID·パスワードのセキュリティリスクをカバーする生体認証

急速にキャッシュレス決済が広がりをみせるなか、オンライン上のサービスは不正アクセス·不正利用等のターゲットにされやすい側面があります。利用者が増えていく分、それらのセキュリティの穴を突くような行為の多発は避けられません。

「2段階認証」とは、セキュリティを強化するための手段として標準的に用いられる認証方法です。異なる種類の認証を組み合わせることで、なりすましや認証情報の不正利用に対抗し、セキュリティを高めることができます。

ここに生体認証を組み合わせると、自身の生体情報を盗まれない限り(なかなか盗まれづらいものでもあります)、高いセキュリティを保つことができます。
指紋や手のひらの静脈、声や顔など、生体情報を2つ以上組み合わせる認証方法においては、なりすましはほぼ困難といえるでしょう。

導入をご検討中の皆様へ

Polarifyの提供するeKYCサービス、生体認証サービスの詳細などについてのご質問・ご相談等はこちらより承っております。
お気軽にお問い合わせください。