ポラリファイお役立ちコラム

なぜeKYCを導入する必要があるのか? - 改正犯収法とeKYCの概要を知る –

eKYCは本人確認にかかるコストを削減し、利用者の契約離脱リスクを抑えることができる本人確認方法です。

ID·パスワード方式の3つの課題

eKYCとは何か?

オンライン上で本人確認が完結することを「eKYC(electronic Know Your Customer)」と呼び、2018年11月の犯収法の改正によって、取引前の本人確認のひとつの方法として認められるようになりました。

システムによって免許証の顔写真とスマートフォンで撮った顔写真が同一人物であることを確認する方法、あるいは免許証のICデータと顔写真の一致を確認する方法などが認められ、従来必要とされた転送不要郵便の発送がなくなったのです。

事業者にとっては郵送コストや発送オペレーションにかかる人的コストをカットすることができ、利用者にとってはよりスムーズに本人確認を済ませることができる方式です。

導入をご検討中の皆様へ

Polarifyの提供するeKYCサービス、生体認証サービスの詳細などについてのご質問・ご相談等はこちらより承っております。
お気軽にお問い合わせください。