Polarify eKYCサービス
パートナープログラムのご案内

改正犯収法に対応した「最新かつ安全な本⼈確認ソリューション」をユーザーに提供

Polarify eKYCのパートナーになり、貴社のビジネスを広げませんか?
パートナーは3つのプログラムからお選びいただけます。

パートナープログラムについて
問い合わせる

選べる3つのパートナープログラム

Polarify eKYC サービスプロバイダー

サービスプロバイダー

販売型タイプ

eKYC機能を貴社のサービスに組み込み、貴社ブランドとして外販いただけます。

Polarify eKYC SIパートナー

SIパートナー

販売型タイプ 紹介型タイプ

⾦融機関等本⼈確認が必要な事業者に向けて、Polarify eKYCの組み込みを開発いただけます。

Polarify eKYC セールスパートナー

セールスパートナー

販売型タイプ 紹介型タイプ

⾦融機関等本⼈確認が必要な事業者に向けて、Polarify eKYCを紹介・販売いただけます。

※各プログラムには販売タイプがございます。
販売型タイプ:セールスパートナー様とお客様が直接契約いただく形態です。
紹介型タイプ:ご提案後、お客様とPolarifyが契約を締結する形態です。

Polarify eKYCなら
既存サービスにeKYC機能を
簡単に組み込めます

既存サービスにeKYC機能を簡単に組み込めます

2018年11月の「犯罪収益移転防止法」の改正により、本人確認の方法が大きく変更されています。新しく認められたオンライン上で本人確認が完結するeKYCは、サービス利用者・事業者双方にとって時間短縮やコスト削減といったメリットがあります。

Polarify eKYCは、スマートフォンで撮影した本人確認書類と顔写真だけで、本人確認が可能。既存のサービスに簡単にeKYCの機能を組み込むことができ、サービスの価値向上・ビジネスチャンス拡大を実現します。

Polarify eKYCの詳細はこちらをご覧ください
オンライン上で本人確認が完結するeKYCサービス
改正犯収法に対応!最新の技術と高い安全性のPolarify eKYC(連載第2回)オンライン上で本人確認が完結するeKYCサービス

2018年11月に犯収法が改正されたことに伴い、eKYC(オンライン上本人確認)を導入すると利用者側・事業者側双方に大きなメリットがあります。
具体的にeKYCサービスのひとつである「Polarify eKYC」という本人確認ソリューションの特徴や他サービスとの違いをご紹介します。

SDK提供のため、既存サービスに大きな変更を加えずに導入可能

SDK提供のため、既存サービスに大きな変更を加えずに導入可能

Polarify eKYCは、SDK(Software Development Kit)という開発パッケージとしてご提供するため、既存のお客様のアプリに大きな変更を加えなくても、簡単にeKYCの機能を組み込むことができます。

また、アプリのダウンロードを必要としないブラウザ版ではカスタマイズ可能な専用ページを用意しており、事業者側の開発環境やご要望に柔軟に対応できるのも大きなメリットです。

貴社のビジネスに合わせて
パートナータイプをお選びください


Polarify eKYC サービスプロバイダー
01
販売型タイプ

サービスプロバイダー

サービスに組み込み可能、外販可能。
⾃社ブランディングのソリューションとして。

サービスプロバイダーとは

サービスプロバイダーとは

各種アプリケーションやWebサービスを提供されている企業の⽅は、サービスプロバイダー契約をご検討ください。
Polarify eKYCの本⼈確認機能はSDKで提供されるため、既存サービスの開発環境にも柔軟に対応可能。
貴社サービスにeKYC機能を組み込み、貴社ブランドで提供いただくことができ、より付加価値の⾼いサービスを提案・提供することができます。
もちろん、PoCの実施、サポートも万全。安⼼してご利⽤いただけます。
※スマートフォンアプリ版、ブラウザ版とも対応。

販売型タイプについて

Polarifyの販売代理店として、Polarify eKYCのセールスに参加いただきます。
SMBCブランドの信頼感、既存システムへの組み込みや連携の容易さなど、Polarify eKYCの強みを活かして、貴社のソリューション提案にお役⽴てください。

Polarify eKYCのパートナーになり、
貴社のビジネスを広げませんか?

パートナープログラムについて
問い合わせる

Polarify eKYC SIパートナー
02
販売型タイプ 紹介型タイプ

SIパートナー

⾦融機関等のお客様に向けて、Polarify eKYC機能の組み込みを開発いただけます。

SIパートナーとは

SIパートナーとは

既に⾦融機関等に対してシステムを開発・提供されているSIer様におすすめです。
Polarify eKYCを活⽤すれば簡単にeKYC機能を組み込むことができます。
既存のお客様に向けて、コスト削減・ユーザビリティ向上を実現するeKYC機能の開発をご提案ください。
もちろん、正式契約前にPoCを実施し、開発負荷等も検討いただけます。

販売型タイプについて

Polarifyの販売代理店として、Polarify eKYCのセールスに参加いただきます。
SMBCブランドの信頼感、既存システムへの組み込みや連携の容易さなど、Polarify eKYCの強みを活かして、貴社のソリューション提案にお役⽴てください。

紹介型タイプについて

eKYCに関⼼のある企業様をご紹介ください。
詳細な導⼊については、Polarifyがご案内させていただきます。

Polarify eKYCのパートナーになり、
貴社のビジネスを広げませんか?

パートナープログラムについて
問い合わせる

Polarify eKYC セールスパートナー
03
販売型タイプ 紹介型タイプ

セールスパートナー

Polarify eKYCを販売いただけます。

セールスパートナーとは

セールスパートナーとは

本⼈確認を業務上必要とする銀⾏や証券会社、カード会社、さらには宅建業、貴⾦属取扱業などの事業者様に向けて、Polarify eKYCによるコスト削減や顧客満⾜度の向上を提案いただけます。

販売型タイプについて

Polarifyの販売代理店として、Polarify eKYCのセールスに参加いただきます。
SMBCブランドの信頼感、既存システムへの組み込みや連携の容易さなど、Polarify eKYCの強みを活かして、貴社のソリューション提案にお役⽴てください。

紹介型タイプについて

eKYCに関⼼のある企業様をご紹介ください。
詳細な導⼊については、Polarifyがご案内させていただきます。

Polarify eKYCのパートナーになり、
貴社のビジネスを広げませんか?

パートナープログラムについて
問い合わせる

パートナーになるには簡単4ステップ!
お問い合わせから販売開始まで2〜3ヵ⽉!

01
お問い合わせ

お問い合わせ

パートナーをご検討くださる場合、まずは以下のフォームよりお問い合わせください。担当者よりパートナー契約の詳細をご案内させていただきます。ご不明点などございましたら、お気軽にお尋ねください。

02
ビジネスプランの共有

ビジネスプランの共有

貴社が提供されるサービス、ソリューションをお伺いします。
貴社とPolarify eKYCとで、どのようなビジネスを展開することができるか、プランをお聞かせください。

03
PoC(検証・デモンストレーション)の実施

PoC(検証・デモンストレーション)の実施

実際にPolarify eKYCをお試しいただきます(サービスプロバイダー様、SIパートナー様のみ)。
貴社のサービスに組み込んで、ビジネスプランが実現できるかを検証いただきます。技術面はもちろん、ユーザー目線からのより良い組み込み方や販売施策までPolarifyがサポートします。

04
パートナーシップ契約

パートナーシップ契約

ビジネスプランの共有、PoC(サービスプロバイダー様、SIパートナー様のみ)を経て合意に達した場合は、Polarify eKYCのパートナーシップ契約を締結します。
最初のお問い合わせから販売開始まで、2~3カ月程度を予定しております。
※PoC実施の場合、期間が前後する場合がございます。

Polarify eKYCのパートナーになり、
貴社のビジネスを広げませんか?

パートナープログラムについて
問い合わせる

Polarify eKYCに関するお問い合わせ

Polarifyの提供するeKYCサービスの詳細などについてのご質問・ご相談等はこちらより承っております。
お気軽にお問い合わせください。

パートナープログラムに関する
お問い合わせはこちら