オンライン本人確認(eKYC)が
導入・活用されるシーン

eKYCが活用されるシーン

オンライン上での本人確認が完結できるeKYCは、即時に本人確認を完結させることが可能です。
ここでは、eKYCが活用されるシーンをご紹介します。

インターネットでの銀行口座開設

(例)インターネットでの銀行口座開設

インターネットで銀行口座を開設する場合、本人確認のため、転送不要郵便物の受け取りが必要でした。本人確認書類を提出し、転送不要郵便物を受け取ることで契約完了となるため、口座開設までは1~2週間と時間が必要です。
eKYCを導入することにより、本人確認はオンライン上で完結でき、最短即日で口座開設可能となります。

BtoCシェアリングサービス利用時の本人確認

(例)BtoCシェアリングサービス利用時の本人確認

商品やモノを共有するBtoCシェアリングサービスが普及し、利用者が増えてきています。
気軽にドライブやファッションを楽しんだりできる、シェアリングサービスですが、安全性や信頼性を保つには本人確認が必要です。
従来の本人確認方法だと本人確認書類のアップロードなどといった簡易的な方法が主流でした。最近では様々なシェアリングサービスが生まれ、事業者様もより厳格な本人確認のニーズが高まってきています。eKYCでは、顔写真から生身の人間であることが確認できたり、運転免許証に埋め込まれているICチップを確認できたりするため、即座に本人確認が完了します。
不正防止や反社対策はもちろん、お客様からしてもスピーディーに利用できるため、満足度が向上することでしょう。

中古買取時の本人確認でekycを活用

(例)中古買取時の本人確認

古物営業法により、中古品の買取時には、本人確認を行わなければなりません。
近年、インターネットを利用した中古品買取サービスが注目を集めています。インターネットで中古品買取を行う場合は、転送不要の送付用ダンボールの到着を確認、または本人確認書のコピー提出と簡易書留の受け取りにて本人確認完了としていました。
eKYCを導入すると、オンライン上で本人確認ができるので、本人確認から査定までをオンライン上で完結させることが可能です。また、郵送コストをカットすることもできます。

証券口座の開設でekycを活用

(例)証券口座の開設

証券口座の開設には、マイナンバーを含めた本人確認が必要です。これまでは、本人確認書類の写しを郵送または撮影してもらい、簡易書留を送付して口座開設が完了していました。
お客様からすると、気になる株や投資信託があっても申し込みまでに時間がかかり、良いタイミングで投資ができないという問題がありました。
eKYCを導入することで、口座開設がスピーディーになり、投資のタイミングを逃したくない個人投資家のニーズに応えることが可能です。

インターネットでのチケット購入時の本人確認でekycを活用

(例)インターネットでのチケット購入時の本人確認

コンサートやスポーツ観戦のチケットは、転売などの不正を目的とした購入は禁止されています。
インターネットでチケットを購入する際の本人確認方法としてeKYCを導入し、入場時に生体認証にて照合を行うことで、不正防止につなげることが可能です。

携帯電話購入時の本人確認でekycを活用

(例)携帯電話購入時の本人確認

スマートフォン端末の購入やSIM契約するときは、携帯電話不正利用防止法の規制により、販売店または代理店での購入が義務付けられていました。
2020年4月に携帯電話不正利用防止法が改正されたことにより、オンラインでの本人確認が認められ、購入や契約がインターネットで可能になりました。
eKYCの導入により、スマートフォンの購入が容易になります。eSIM発行時にも、eKYCを利用することで即座に本人確認ができるため、最短即日で発行が可能です。

Polarify eKYCに関するお問い合わせ

Polarifyの提供するeKYCサービスの詳細などについてのご質問・ご相談等はこちらより承っております。
お気軽にお問い合わせください。

パートナープログラムに関する
お問い合わせはこちら