お知らせ
ウェルスナビにオンライン本人確認サービス「Polarify eKYC」を導入
2020年5月19日

ウェルスナビにオンライン本人確認サービス「Polarify eKYC」を導入

2020年5月18日にウェルスナビ株式会社(代表取締役CEO:柴山和久)が提供するロボアドバイザー「WealthNavi」の新機能「クイック本人確認」に採用されました。
ウェルスナビは、預かり資産・運用者数No.1 ロボアドバイザー(※)「WealthNavi」等の提供を通じ、「長期・積立・分散」の資産運用の普及に努め、働く世代の資産形成をサポートしています。ロボアドバイザー「WealthNavi」は、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を、自動で実現するサービスです。機能性、透明性、シンプルな手数料が高く評価され、働く世代の支持が拡大しています。強固な顧客基盤を持つパートナー企業を通じたご利用も広がっています。
※ 一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年9月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年12月時点)

Polarify eKYCでの撮影イメージ

【Polarify eKYCについて】

「Polarify eKYC」は犯罪収益移転防止法施行規則の改正に対応した、免許証等の本人確認書類と顔の自撮り写真を生体認証で照合するソフトウェアです。郵便物を介することなく即時に本人確認ができることから、新しい本人確認方法として注目されています。「Polarify eKYC」を導入すれば、オンラインで口座開設手続き、本人確認が可能となり、最短即日で口座開設が可能となります。
金融機関での取引時確認だけでなく、シェアリング、携帯電話購入時、不動産取引など犯収法の対象・非対象の如何にかかわらず、さまざまなサービスでのオンライン本人確認に対応しております。

「Polarify eKYCの特徴」

・多くの政府機関や金融機関への導入実績のあるDaon社による世界最高水準のアルゴリズムを採用
・スマートフォンアプリ版(SDK)、ブラウザ版の両チャネルに対応。
・画面デザイン、手続きはお客様のご要望に合わせてカスタマイズ可能。
・攻撃監視や情報の暗号化など、SMBCグループ基準を充足する高いセキュリティ対策
・OCR、BPOなど多彩な外部機能・サービスとの連携可能

■先方企業情報

会社名   ウェルスナビ株式会社(英語名:WealthNavi Inc.)
代表者   代表取締役CEO 柴山和久
設立    2015年4月28日
所在地   東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F
資本金   52億6,045万円(資本剰余金含む)※2020年3月27日現在
URL    https://www.wealthnavi.com/
事業内容  金融商品取引業
関東財務局長(金商)第2884号
加入協会  日本証券業協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 日本資金決済業協会