お知らせ
三井住友銀行にオンライン本人確認サービス「Polarify eKYCライト」を導入
2020年11月17日

三井住友銀行にオンライン本人確認サービス「Polarify eKYCライト」を導入

株式会社ポラリファイ(代表取締役社長:和田 友宏、以下「ポラリファイ」)の「Polarify eKYCライト」は、2020年11月5日にリニューアルされた株式会社三井住友銀行(頭取 CEO:髙島 誠、以下「三井住友銀行」)の住宅ローンのインターネット申込サービスに採用されました。

「Polarify eKYCライト」は犯罪収益移転防止法(以下、「犯収法」)に対応した「Polarify eKYC」から必要な機能を選択して利用できるサービスであり、本人確認資料のアップロード、マスキング(表面、裏面)、実在性確認、OCR、真贋判定サポート、自撮り写真の実在性確認、自撮り写真と本人確認資料の照合等、多彩で精度の高いeKYCの機能の中から選択ができます。

今般、三井住友銀行に採用された、運転免許証の表面のマスキング機能は、機微情報が記載されている可能性のある条件欄を画像検知技術により自動的にマスキングするもので、同機能を活用することでお客様により安心・安全な手続きが可能となります。

【Polarify eKYCライトについて】

「Polarify eKYC」の柔軟なカスタマイズ性を活かしたサービスです。金融機関での取引時確認だけでなく、シェアリング、各種会員登録等、法令で本人確認が求められていない場合でも、「Polarify eKYC」のうち必要な機能だけを選択してご利用いただけます。